本文へ移動

スプレー塗装の[コツ]

スプレー塗装で覚えておくと良い[コツ]
 

その(1)缶をよく振ること

良く振る
●中の塗料を十分に振って混ぜ合わせることです。
●缶の中の「かくはん玉」を、カラカラと30秒は音を立てて振ってください。
 

その(2)噴射距離は15cmから30cm

噴射距離
●近すぎると、必ずといっていいほど塗料が垂れたり、アワがでて表面がざらつきます。
●仕上がりをきれいにするためには15cmから30cm程離して素早く缶を移動して噴き付けてください。
 

その(3)塗りはスムーズに

スムーズに
●ムラができる大きな原因は、スプレーの缶の移動スピードが一定でないからです。
●左右に素早く同じスピードで往復させ、スムーズに噴き付けてください。

その(4)マスキングは十分に貼る

●スプレーの霧は思っている以上に広範囲に散ります。塗装面以外は塗料が決して付着しないようにマスキングをするべきです。
●塗り終わったらマスキングテープはすぐにはがしてください。塗料が乾くと、境目に段がついてしまいます。
 

その(5)作業は天気のいい日に行なうのがベスト

●屋外で使用する場合は、風が強いとスプレーの霧が散ります。雨天の場合はカブって白くボケることがあります。炎天下や極端に寒い日はできるだけさけてください。
●屋外で使用する場合は、できる限り穏やかな日を選び作業してください。
 
お問合せお問合せ
ロイド株式会社
〒152-0001
東京都目黒区中央町2丁目37番8号
TEL.03-3793-3731
FAX.03-3793-6720
 
TOPへ戻る